ホーム>休耕田復活プロジェクト

<テーマ>
 耕作放棄の田んぼを復活させて田んぼの働き(作物が育ちやすい土作り、水をきれいにする、上流の森林の豊かな資源の有効活用、周りの気温や湿度を守る、地下水の量を一定に保つ、洪水や土砂崩れを防ぐ、いろいろな生物が住む「家」の働き)を戻し、里山の自然景観を守り、そして、大切なものがたくさんあり存在する魅力や価値を後世に繋いで行く。

<内容>
 松瀬地区の休耕田に、セイタカワダチソウ等の背の高い雑草が増殖しはじめ、著しく自然景観が悪くなってきて、イノシシ等の害獣の絶好の遊び場となっている。この休耕田を元の田んぼに戻し、無農薬で人の手作業による米作り体験の場(約250u)とする。稲刈り後、翌年の田植えまでの期間はレンゲ畑とする。地元農家の方の指導と支援を受けて活動を進める。
参加者を募って、田植え(もち米)、草取り、稲刈り、脱穀、そして餅つきをして食べるまでの節目の作業を体験実施して行く。

<目的及び効果>
 私たちが食料の生産、共有、消費の方法を考え直す時が来ている。農林水産業は適切に機能すれば、すべての人に栄養豊富な食料を提供し、適正な所得を創出しつつ、人間中心の農村開発を支え環境を守ることができる。それらを、米作りを通して考えてもらい、地球環境に負荷をかけないで自分たちにできる取組への気づきを促し、里山や中山間地域(松瀬)の自然景観を一緒に復元し、その魅力を発信させることができる。

<活動予定>日程は、天気や米の成長によって変更する場合があります。

5月:田んぼの草刈りと畔作り、代かきまでの田植えの準備。参加者の募集活動。
@ 6/6:田植え
A 6/27:草取り
B 7/11:草取り
C 7/25:草取り
D 10/10:稲刈り
E 10/17:脱穀
F 12/19:餅つき
G 田んぼで遊ぼう(日程未定)


休耕田復活プロジェクト始動 6月6日

参加者:25人 スタッフ:5人 指導者:1人

ついにやってきました田植え。
昨日まで降っていた雨も止み、時々晴れ間が覗きました。暑くなく田植えには最高の天候の中、総勢31名で田植えが実施できました。

9:30〜 開会、横山理事長による田んぼの話、地元農家の方による田植えの説明

● 田んぼのはなし
「田んぼ復活プロジェクト」は、米づくりが放棄された田んぼを復元させて、田んぼの働きである、
@作物が育ちやすい土作り
A水をきれいにする
B周りの気温や湿度を守る
C地下水の量を一定に保つ
D洪水や土砂崩れを防ぐ
Eいろいろな生物が住む「家」
の働きを戻し、里山の自然景観を守り、そして、大切なものがたくさんあり存在する魅力や価値を皆さんと一緒に考えて、後世に繋いで行ことが、田んぼ復活プロジェクトのテーマです。

● 田植えの説明
苗は5本位を一束として浅く植えます。苗は植えた時に立てば大丈夫。植える場所に穴があったり深かったりしたら周りの土を集めると上手く苗が立ちます。今日植える品種は、「宮崎県産クスタマモチ」(もち米)です。さあ、レッツトライ!

田んぼのはなし 田植えの説明

10:00〜 田植え

● 下見
まず、田んぼの畔を一周して、田植えが終わって登る部分(畦)と田んぼの中の様子を確認しました。田んぼに入り位置の調整(隣同士で植える間隔)をしてから、田んぼに、裸足で入ります。

● 田植え
田引ロープの目印に苗を植えて行きます。苗を植える間隔は、30cm×26cmです。実際に田んぼに入って苗を植えた時間は、1時間弱でした。3週間後には、草取りをおこないます。それまで、地元農家さんと子どもの森スタッフで、苗の成長を見守ります。

下見 田植え

12:00 田んぼに居た時間は、約一時間30分位でした。下着まで着替えた子どもも居ましたが、足を洗って森の学舎にて、おやつタイムをして終わりの会をしての解散となりました。

2021年5月

6月6日の田植えを迎えるために、「草刈り→耕うん→水張り→畦の草刈り→代かき」と進めました。
機械を使うのは田植えまでの田んぼ準備までです。以降は、すべて手作業で動力機械を使用しません。

田んぼへの日照増のために周辺の藪払い 田んぼへの昇降段作り
地元農家さんによる草刈り後の耕うん 田んぼへの給水
代かき前の畦草の草刈りと土入れ 代かき